Homefacebook麗禧についてサイトマップ繁體中文English

 
休閒景點
 
‧ 八卦山大仏風景地
‧ 台湾民俗村
‧ 百果山風景地
‧ 田尾郷道路花園
‧ 王功漁港
 
古蹟探尋
 
‧ 鹿港
‧ 虎山巌
‧ 員林興賢書院
 




彰化平原の漢人はおよそ17世紀中葉から移住して、鄭成功の部は劉国軒かつてを半分線(すぐ今彰化市)の駐屯軍で田に蓄えます。雍正を点検して元年にすぐだんだん完成の中部地区を開墾して県の管理を漕いで、そして地理(学)の要点の半分線を選んでもしも治療して官を置くならば、彰化に名前をつけて、イタリアはつまり"は皇が雍正が溶けて元年に彰化市がすでに発展して県の管轄区域センターになったことを明らかに示して、鹿港も交通の機能の蔚が大港なためです。

中部の平原の開発は鹿港、員林の2つの方向から次第に渓湖、埔の塩に及びます;平原の南部の開発が北斗星を中心にして次第に竹塘に及びます、増えます匹、芳苑など。乾隆の初めの年、彰化平原の中部の開発がだんだん埔心、田中、竹に及んで安くて、新庄、月眉などがつきあいます。


 

A01 . 八卦山大仏風景地
>> 詳細へ
A02 . 台湾民俗村
>> 詳細へ
A03 . 百果山風景地
>> 詳細へ
A04 . 田尾郷道路花園
>> 詳細へ
A05 . 王功漁港
>> 詳細へ
B01 . 鹿港
>> 詳細へ
B02 . 虎山巌
>> 詳細へ
B03 . 員林興賢書院
>> 詳細へ



 
ご宿泊 レストラン・バンケット最新情報 周辺観光名所 お問い合わせ